フルハーネス型墜落制止用器具に関する特別教育講習

フルハーネス型墜落制止用器具に関する特別教育講習

フルハーネス型墜落制止用器具の特別教育

 
直近開催のご案内
第13回講習 令和1年5月24日(金)9:00~16:30/定員:40名/△5・6時間コース僅か 0.5・1.5時間コース〇余裕あり
第14回講習 令和1年6月8日(土)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり
第15回講習 令和1年6月22日(土)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり
第16回講習 令和1年7月13日(土)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり
第17回講習 令和1年7月20日(土)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり
第18回講習 令和1年8月4日(日)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり
第19回講習 令和1年8月24日(土)9:00~16:30/定員:40名/〇余裕あり

 
 

 

平成31年2月1日より、建設業等の高所作業では墜落制止用器具として「フルハーネス型」を使用することが原則(※1)となります。
更に、フルハーネス型墜落制止用器具(以下、フルハーネスと呼ぶ)を用いて作業する際には特別教育を受けることが必要となります。 

※1:労働安全衛生規則の改正及び墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドラインの策定による
※2:労働安全衛生規則 安全衛生特別教育規程の改正による

フルハーネス特別教育が必要となるのは

下記のような現場で、フルハーネスを利用して作業を行う場合です。

高さが2m以上の箇所であって、作業床を設けることが困難
一連の作業の過程において、一部作業床を設けることが困難な箇所がある

フルハーネス特別教育講習概要


フルハーネスの特別教育は、作業経験や特別教育の受講状況によって必要となる内容・時間数が異なります。
ロープ高所作業協会では、以下の図の通り4つの講習コースを提供しております。

0.5時間コース

対象者 ・高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところでフルハーネスを用いて行う作業に6カ月以上従事した経験を有する
・ロープ高所作業または足場組立特別教育を受講している
金 額 3,500円/1名(税別)+テキスト代 900円(税別)
内 容 ・関係法令(0.5時間)
 

1.5時間コース

対象者 ・高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところでフルハーネスを用いて行う作業に6カ月以上従事した経験を有する
金 額 5,500円/1名(税別)+テキスト代 900円(税別)
内 容 ・労働災害の防止に関する知識(1時間)
・関係法令(0.5時間)
 

5時間コース

対象者 ・ロープ高所作業または足場組立特別教育を受講している
金 額 8,500円/1名(税別)+テキスト代 900円(税別)
内 容 ・作業に関する知識(1時間)
・墜落制止用器具に関する知識(2時間)
・関係法令(0.5時間)
・墜落制止用器具の使用方法等(1.5時間) ※実技
 

6時間コース

対象者 上記コースのいずれにも該当しない
金 額 9,000円/1名(税別)+テキスト代 900円(税別)
内 容 ・作業に関する知識(1時間)
・墜落制止用器具に関する知識(2時間)
・労働災害の防止に関する知識(1時間)
・関係法令(0.5時間)
・墜落制止用器具の使用方法等(1.5時間) ※実技
 

以下の内容は、上記4つのコースに共通します

概 要 本特別教育は、1日でフルハーネスの特別教育に必要な講義・実技を時間割に沿って開催いたします。
そのため、それぞれのコースで必要な講義・実技のみ選択してご参加いただく形となります。
必ず時間割をご確認の上、お申込み下さい
※弊会では講義の進行の都合上、胴ベルト作業経験の方のある方への授業免除コース(4時間、5時間コース)のご用意はしておりません
免除項目に該当する胴ベルトの経験がございましても、弊会特別教育を受講される場合、6時間コースの受講をお願いいたします。
※弊会の特別教育では、講義内容の定着度合いを確認するための効果測定(筆記テスト)があります。

(時間割)
8:45- 9:00 オリエンテーション
9:00- 9:30 関係法令(0.5時間)
9:30- 9:40 入れ替え/休憩
9:40-10:40 労働災害の防止に関する知識(1時間)
10:40-10:50 入れ替え/休憩
10:50-11:50 作業に関する知識(1時間)
11:50-12:40 お昼休み
12:40-14:40 墜落制止用器具に関する知識(2時間)
14:40-14:50 休憩
14:50-16:20 墜落制止用器具の使用方法等(1.5時間)
16:20-16:30 アンケート、お知らせ等
ーーーーーー
第13フルハーネス特別教育
日程:令和1年5月24日(金)9:00~16:30
定員:40名 △5・6時間コース僅か 0.5・1.5時間コース 〇余裕あり
第14フルハーネス特別教育
日程:令和1年6月8日(土)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
第15フルハーネス特別教育
日程:令和1年6月22日(土)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
第16フルハーネス特別教育
日程:令和1年7月13日(土)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
第17フルハーネス特別教育
日程:令和1年7月20日(土)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
第18フルハーネス特別教育
日程:令和1年8月4日(日)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
第19フルハーネス特別教育
日程:令和1年8月24日(土)9:00~16:30
定員:40名 〇余裕あり
場 所 東上パールビルヂング(埼玉県川越市脇田本町15-13)
 ※8:00より開場しております。
 ※東武東上線/JR川越線 川越駅 西口徒歩1分
 ※お車でお越しの場合はビル周辺の有料駐車場をご利用ください。
主 催 一般社団法人 ロープ高所作業協会
その他 お申込時に受講者様の職種やロープ高所作業経験、これまでの特別教育講習の受講状況をお伝えいただく必要があります。
お伝えいただけない場合、受講申込をお断りする場合がございます。

出張講習も対応しております

移動手段
受講人数

実技講習用の機材がありますので、講師は車でお伺いします。
受講人数は40名まで可能です。
※移動に関する費用(燃料費及び高速料金など)は別途実費をいただきます。
費 用 20名まで一律 194,400円(税込)
30名まで243,000円(税込)
40名まで291,600円(税込)
※講習費とは別に、1名につきテキスト代 1冊 972円(税込)が必要。
必要な環境 ・ 講習用の受講者人数分の机と椅子、演台、ホワイトボード、プロジェクタとスクリーン、100V電源
・ 実技講習用の駐車スペース(6m×10m以上)

お申し込み

 
受講希望の方は以下のフォームよりお申込みください。
内容を確認し、お申込が受付できましたら折り返しメールを差し上げます。
※企業様にて複数名のお申し込みを行う場合、必ず1名様ずつお申込み下さい。
(受講者様の状況により受講コースが異なるため)

貴社名
受講者名 (必須)
生年月日 (必須)
(入力例)2019/1/1 のように、年月日を/で区切って下さい。
顔写真データ
※顔写真データについては、以下を満たすデータでお願いいたします。
 ・顔が判別できる画質でしたら、携帯で撮影したものでも可
 ・運転免許証サイズの比率(タテ3.00×ヨコ2.40cm)
 ・六ヶ月以内の撮影のもの
 ・正面 (必ず正面を向いた写真でお願いします。また、目線が下、横、上になっているものは不可)
 ・上三分身(自動車の運転免許証に入っている証明写真と同じバランスと考えてください。)
 ・無背景(柄付き壁紙、カーテン、柱など写っているもの不可)
 ・脱帽(帽子は脱いで撮影してください。また髪の毛などで目が一部隠れているものは不可)
 ・ファイル形式はJPEG/PNG/GIF/PDFのいずれかでお願いいたします。
 上記条件を満たしていない写真の場合、再提出をしていただくこともありますのでご了承願います。
 
※事前に写真を送っていただいた場合、修了証を当日すぐにお渡しできます。
 ただし、講習実施日の前3営業日以内にお申込みの方については、当日の撮影(下記の発行手数料が必要)となります。
※お写真をお送りいただいていない、もしくはお写真に不備があった方は当日撮影致しますが、その場合、当日発行手数料として 1,500 円申し受けます。なお、この場合は修了証を後日郵送させていただきます。
メールアドレス (必須)
お電話番号 (必須)
ご住所
フルハーネス作業経験が6か月以上ありますか? (必須)
特別教育の受講状況 (必須)
受講コース (必須)
受講希望日・質問等 (必須)

特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針

※入力必須項目については、必ずご記入下さい。
特に「フルハーネスの作業経験」「特別教育の受講状況」は免除条件の確認や講義内容、実技の際のグループ分けに関わる重要な項目であるため、具体的にご記入願います。

※弊会からの連絡メールが届かないケースが増えております。
申込時には協会gmailアドレス(rope.koshu@gmail.com)を受信可能にしていただけますよう、端末の設定変更をお願いいたします。

※受講料のお支払い後に受講者様の都合でお申込みを取消す場合、原則として受講料金は返金出来ませんのでご了承下さい。

PAGE TOP