NSC講習

NSC講習

ロープ高所作業の”即戦力”を育てます

 
ロープ高所作業でこれまで請けられなかった工事を請け、仕事の幅だしをしたい。
そんな切実な願いを持つ企業様、個人事業主様へ

ぜひ、日本で唯一のノンスキャフォールディング工法®(NSC 無足場工法/ロープアクセス)講習をご検討ください。
我々が「ロープ高所作業の”即戦力”」を育てます

ノンスキャフォールディング工法®(NSC 無足場工法)とは


有限会社ケンテックシステムズが開発した無足場工法。

2015年6月に国土交通省のNETISに登録された技術。
参考:国土交通省NETIS登録ページ

足場や高所作業車が必要な高所にて、足場の代わりにロープやスリング及びワイヤーなどを使用し
空調などの設備工事、高層建築物の点検、ビルの全面打診調査、タイルやシーリング工事などを行うための特殊な工法です。

一般的には「産業用ロープアクセス」や「無足場工法」と呼ばれている技術に分類されますが
安全性・作業性を大幅に強化したことにより
従来手法では近接困難な構造物の調査/点検のみならず補修作業まで可能にする点
が従来の無足場工法と大きく異なります。

詳しくはこちらをご覧ください。

NSC講習を受けることで


ロープ高所作業の即戦力となるための最低限の知識・技能が身に付きます

(対象職種)
・送電工事 ・通信工事 ・空調工事
ダクト工事 ・看板工事 ・塗装工事
・ビルメンテナンス作業(外壁調査、タイル洗浄)
・ビル外装工事(タイル、シーリング)
・電気工事 ドローンレスキュー

NSC講習で”即戦力”が育つ3つの理由

1.”即戦力”直結の「知識」

1.”即戦力”直結の「知識」

3つの分野で”即戦力”直結のノウハウを身につけます!​
1.基礎となるロープアクセス技術
 ・ロープアクセス技術の基礎知識 
 ・使用機材の基本知識と取り扱いノウハウ
2.職種ごとのロープ高所作業のポイント
3.万一の事故に備えたレスキュー技術
 ・ 自分や仲間の安全確保の必須ノウハウ
※例えば、日差しの強い天候の中での鉄塔塗装中に作業員が熱中症になった場合、15分程度で死亡するなど重大な事故につながる可能性があります。
重大事故を避けるためには、現場にいる別の作業員によるレスキューを行った上での救急手当が必要となります​。

2.”即戦力”への「実技訓練」

2.”即戦力”への「実技訓練」

本物の9階建ビル外壁の様々な壁面(※)を使用。
ロープを使用した各種高所作業(工事)想定した実技訓練を行います。
※ 36m垂直壁・28m垂直壁+10m斜壁・6m鉄骨トラス・28m垂直壁中の2m、12m、16m段差壁
(訓練内容)
基礎となるロープアクセス技術
職種ごとのロープ高所作業のポイント
万一の事故に備えたレスキュー技術
 少人数制だからこそできる、受講される方のレベルにあわせた丁寧な指導が大好評です。
※ ロープ高所作業の機材をお持ちでない方も、機材貸出を受けられます。 

3.”即戦力”を育てる講師

3.”即戦力”を育てる講師

NSC講習の講師は代表理事の小倉健二が担当。
設備工事歴32年、ロープ歴14年以上のプロの技術者です。
(講師保有資格はこちら

ロープ高所作業へのありあまる情熱から”ノンスキャフォールディング工法®”(NSC 無足場工法)を開発。

その工法は国土交通省に認められ、NETIS登録されています。(登録No:QS-150005-A)

必ず「ロープ高所作業の即戦力」を育てるという熱い心を持った講習は受講者から高い評価を受けています。

講習開催概要

 
NSC講習は、一般用と職人別の10種類のクラスに分かれております。

一般用NSC講習

一般用NSC講習 NSC 無足場工法の技術を業務に活かすことに興味のある方に向けた講習です。
講習の合格者には、ロープ高所作業協会より講習のクラス区分に応じた資格を付与すると共に、講習時の写真を貼付した認定証を交付します。
講習クラス区分 NSC Novice
 合格者はNSC Advanced 保持者の管理下でNSC作業を行うことができる。
NSC Rescue
 合格者はNSC Advanced 保持者の管理下若しくはNSC Rescue保持者とNSC作業を行う事ができる。
NSC Novice+Rescue
 合格者はNSC Advanced 保持者の管理下若しくはNSC Rescue保持者とNSC作業を行う事ができる。
NSC Advanced
 合格者はどの資格保持者ともNSC作業を行うことができる。
NSC Instructor
 合格者はNSC技術講習の講師として活動することができる。
受講に必要な資格 NSC Novice
1. ロープ高所作業特別教育修了証
NSC Rescue
1.消防本部によって行われる上級救命講習を受講し「救命講習修了証」の交付を受けた方
2.NSC Novice 技術講習合格者
NSC Novice+Rescue
1.ロープ高所作業特別教育修了証
2.消防本部によって行われる上級救命講習を受講し「救命講習修了証」の交付を受けた方
NSC Advanced
 1.NSC Rescue 技術講習合格者
NSC Instructor
 1.NSC Advanced技術講習合格者
講習日数 NSC Novice:3日間
NSC Rescue:3日間
NSC Novice+Rescue:6日間
NSC Advanced:3日間
NSC Instructor:5日間
費用と最小催行人数 最小催行人数:2名
NSC Novice:150,000円(税別・保険料・教材・レンタル機材・ビル使用料込み)
NSC Rescue:150,000円(税別・保険料・教材・レンタル機材・ビル使用料込み)
NSC Novice+Rescue:300,000円(税別・保険料・教材・レンタル機材・ビル使用料込み)
NSC Advanced:150,000円(税別・保険料・教材・ビル使用料込み)
NSC Instructor:250,000円(税別・保険料・教材・ビル使用料込み)
共通事項 ※ 講習場所は、埼玉県川越市 東上パールビル及び群馬県若しくは千葉県の山中です。
※ 講習費用は事前振込みでお願い致します。
※ 宿泊所及び食事に関しては各自調達願います。
※ 思い出し講習は無料にて随時開催しておりますので、各自ご参加下さい。
※ 飛び級制度もあります。試験に合格すれば上位のクラスに移行できます。

職人用NSC講習

職人用NSC講習 現在、職人として現場作業を行っている方に向けた講習です。
講習の合格者には、ロープ高所作業協会より講習のクラス区分に応じた資格を付与すると共に、講習時の写真を貼付した認定証を交付します。
講習クラス区分 クラスは10種類に分かれており、各職種に合わせた講習を行います。
・NSC 送電
・NSC 通信
・NSC 空調
・NSC ダクト
・NSC 電気
・NSC 看板
・NSC 塗装
・NSC ビルメンテナンス
・NSC ビル外装
・NSC ドローンレスキュー
受講に必要な資格 1.ロープ高所作業特別教育修了証
2.消防本部によって行われる上級救命講習を受講し「救命講習修了証」の交付を受けた方
日程と費用 ●NSC 送電、NSC 通信、NSC 空調、NSC ダクト、NSC 電気、NSC 看板、NSC 塗装、NSC ビルメンテナンス、NSCビル外装
日程:7日間(最小区分け日数:3日+3日+1日)
費用:280,000円( 税別・保険料・教材・レンタル機材・ビル使用料込み)●NSC ドローンレスキュー
日程:10日間(最小区分け日数:3日+3日+4日)
費用:400,000円/人 税別(保険料・教材・レンタル機材・ビル使用料込み)
共通事項 ※ 講習場所は、埼玉県川越市 東上パールビル及び群馬県若しくは千葉県の山中です。
※ 講習費用は事前振込みでお願い致します。
※ 宿泊所及び食事に関しては各自調達願います。
※ 思い出し講習は無料にて随時開催しておりますので、各自ご参加下さい。
※ 飛び級制度もあります。試験に合格すれば上位のクラスに移行できます。

 

講習の様子

トータル1週間を超える講習になります。
まずは講義からスタート。
”即戦力”を目指す受講者は真剣そのものです

ロープアクセスの基本的な実技訓練です。
終わった後は手がパンパン!
でも、顔は晴れ晴れしています

「ロープって楽しい!」

本格的な職種ごとのロープ高所作業。
”即戦力”を身につけるための虎の穴です。

壁面を登降しながらの作業は訓練が本当に大事。

レスキューは立入困難な山の中を想定した訓練を行います。
ビルと違って、自然相手は大変です!

本気で「ロープに取り組みたい」アナタをお待ちしています!


ロープを使えば、仮設足場や高所作業車では困難だった現場の高所作業が可能となります。
本来ならすぐ対処が必要な工事があっても、作業そのものができないために諦められている現場は多い。
そんな高所作業の現状を、ロープ高所作業を行う人や企業が少しでも増えることで変えていきたい。

そんな想いで、NSC講習を開催しています。

NSC工法講習は、ロープ高所作業の即戦力となるための大きな力になります。
本気で「ロープ高所作業に取り組みたい」アナタをお待ちしています! 

 

お申し込み

 
受講希望の方は以下のフォームよりお申込みください。
内容を確認し、お申込が受付できましたら折り返しメールを差し上げます。

日程が合わない場合や出張講習をご希望の場合もお気軽にお問合せ下さい。
可能な限り対応致します。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お電話番号 (必須)
ご住所
クラス及び希望日程 (必須)
申込日程・人数・質問等、その他連絡事項 (必須)

特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針

※弊会からの連絡メールが届かないケースが増えております。
申込時には協会gmailアドレス(rope.koshu@gmail.com)を受信可能にしていただけますよう、端末の設定変更をお願いいたします。

※受講料のお支払い後に受講者様の都合でお申込みを取消す場合、原則として受講料金は返金出来ませんのでご了承下さい。

PAGE TOP